関節痛 薬 膝

関節痛の薬で膝におすすめの市販薬を紹介

関節痛の薬で膝の痛みにおすすめの市販薬を紹介しています。

 

 

経験したことのある人なら分かりますが、膝の関節痛があると階段の昇降がつらかったり、正座ができなかったりなど日常生活がとても不自由になります。

 

また膝の関節痛に限らず痛みは何もせずに放置しておくと、場合によっては慢性化して治りずらくなってしまうこともあります。

 

とくに膝関節痛の場合ひどくなると、歩けなくなってしまうこともあるので変に我慢するのは禁物ですね。

 

ずるずる引きずらないためにも、早めにケアして痛みを緩和しましょう。

 

膝の関節痛は、市販のお薬でもしっかりケアすることができます。

 

ここでは膝の関節痛におすすめの市販薬をしていますので、膝の関節痛でお悩みの方に参考になれば嬉しいです。

 

膝関節痛の薬おすすめランキング

【膝関節痛におすすめの市販薬1位 「トンデケア」】の特徴

あき竹城さん、九重親方のテレビCMが絶賛放送中の市販薬


・関節痛や神経痛といった痛みに有効な市販の第3種医薬品
・肩や膝の関節痛のほか、肩こりや腰痛、手足の痺れ、眼精疲労といった症状でお悩みの方
・妊娠や授乳期、病中病後の体力低下時、肉体疲労時のビタミンB1、B6、B12の栄養補給に
・穏やかな効き目の市販薬で副作用リスクが比較的少ないので安心
・7つの有効成分が直接痛みに働きかけるため、つらい痛みが緩和
・今なら定期2個セットで「ヒザらくらくサポーター」をプレゼント

価格 通常4,980円
評価 評価5
備考 初回限定3,675円(税抜、送料無料、初回のみで解約可)、93錠入(31日分)
【膝関節痛におすすめの市販薬1位 「トンデケア」】の総評

穏やかな効き目が特徴の市販薬です。副作用の心配が少なく安全性も認められた第3種医薬品な
ので、安心して服用することができます。

7つの有効成分が関節痛の原因に直接働きかけるため、つらい症状に効果が期待できます。

通常価格は4,980円ですが、公式サイトから購入すれば初回3,675円で購入することができるのでお得です。

さらに2回目以降も10%OFFで購入できて最低受け取り回数の縛りもありません。

自由に始めたり止めたりできるので、はじめてでも安心です。

【膝関節痛におすすめの市販薬2位 「リョウシンJV錠」】の特徴

肩・腰・膝など関節の痛みに飲んで効く、手ごろな価格の市販薬


・つらい関節痛や神経痛に効く6つの有効成分配合の市販薬
・服用は1日たったの1回でOK
・初回限定価格は1900円なので、最初の1ヶ月は1日たったの61円
・関節痛や神経痛のほかに筋肉痛、眼精疲労などの症状にも可
・妊娠・授乳期や病中病後の体力低下時、肉体疲労時の栄養補給に

価格 通常4,104円
評価 評価4.5
備考 初回限定1,900円(税抜、回数縛りなし)、93錠入(31日分)
【膝関節痛におすすめの市販薬2位 「リョウシンJV錠」】の総評

関節痛や神経痛に優しく働きかける第3種医薬品に分類されている市販薬。

痛みへの有効性や安全性が認められている市販薬なので、副作用が心配な人でも比較的安心して服用できます。

身体への影響が心配であったり他の薬が合わなくて、このリョウシンJV錠に切り替えたという人もいるようです。

通常価格は3,800円ですが、公式サイトからなら初回限定で1,900円で購入できるので、お試ししやすいです。



価格なら他の市販薬と比べてもお得ですので、継続する場合でも経済的な負担が少なく済みます。

【膝関節痛におすすめの市販薬3位 「グルコンEX錠プラス」】の特徴

累計販売本数400万本突破!市販で売れてる関節痛の薬

・900mgのコンドロイチンを含有し、関節痛に効果、効能が認められた第三類医薬品
・膝の関節痛のほか、肩こりや腰痛、五十肩といった、関節の痛みに有効
・ほかに神経痛や筋肉痛、手足のしびれにおすすめ
・肉体疲労時や妊娠・授乳期、また病中病後の体力低下時のビタミンB1を補給
・便秘や眼精疲労など様々な症状に有効なので常備薬におすすめ
・購入後も日本薬師堂の薬剤師から電話でアドバイスやサポートが受けられる

価格 通常7,178円
評価 評価4
備考 初回限定1,980円(税込、送料無料、初回のみの解約可)、186錠入(31日分)
【膝関節痛におすすめの市販薬3位 「グルコンEX錠プラス」】の総評

膝などの関節痛のほかに神経痛や筋肉痛、手足のしびれ、眼精疲労など様々な症状に有効な市販の薬です。

ただ痛みを抑えるだけの鎮痛剤ではなく、関節痛の原因に根本から働きかけ、痛みを緩和してくれます。

通常価格は7,178円ですが、公式サイトで定期便を購入すればお得な割引価格で利用することができます。

今なら初回限定で1,980円で購入できます。

1ヶ月で解約しても解約料はかかりませんので、つらい痛みにお悩みなら1度試してみても損はないです。

膝関節痛の薬でおすすめするのは「トンデケア」

関節痛の薬で膝などの痛みにおすすめの商品はいろいろありますが、私のイチオシはくすりの健康日本堂の「トンデケア」です。

 

↓ 今なら公式サイトがお得 ↓

 

 

トンデケアは痛みを抑え、症状の原因に有効な7つの成分が豊富に配合されています。

 

例えば膝の関節痛の原因にもいろいろありますが、その一つに膝周辺の血行不良が挙げられます。

 

そのため膝の関節痛を緩和するためには、膝周りの血流を改善することが重要なんですね。

 

トンデケアには血液循環を促進する成分が配合されていて、それが痛みの緩和に作用してくれるんです。

 

またトンデケアは神経痛にも効果が期待できます。

 

この薬は神経が正常に働くように作用し、痛みや痺れを緩和する効果が期待できます。

 

神経に働きかけることで、関節痛だけでなく多くの痛みに有効な薬であると言えるでしょう。

 

ただの痛み止めや鎮痛剤とは違い、痛みを根本から緩和してくれるのは特徴的ですね。

 

膝の関節痛を根本から改善したいという人には、最適な薬と言えるでしょう。

 

トンデケアは国内の工場で製造されており、品質管理を非常に重視しています。

 

また第3類医薬品なので安心して服用できるのも人気の理由でしょう。

 

膝の関節痛を緩和したいという場合、選択肢としてサプリメントや健康食品を選ぶ人がいます。

 

でも膝の痛みをしっかりと緩和したいなら、有効性が認められている医薬品を使うことが大切なんです。

 

サプリメントや健康食品というのは、症状に対しての効果や効能がはっきりと認められてはいないんですね。

 

医薬品として有効性が認められている商品ならば、きちんと膝の関節痛にも効果が期待できますし、安全性も認められています。

 

膝の関節痛は年のせいだとあきらめてはいませんか?

 

有効性や安全性がしっかり認められた医薬品を使用することで、膝の関節痛を根本的な原因に働きかけて緩和することができるのです。

 

配合成分や定期購入価格、口コミでの評判、サポート体制などすべてをトータルで考えると、トンデケアが一番でおすすめです!

 

 

▲膝関節痛の薬おすすめランキングへ

膝関節痛の市販薬なら第3類医薬品がおすすめ

 

膝の関節痛がつらい時、市販薬で痛みに対応することができるので早めにケアしていきましょう。

 

安心して市販薬を使うためにも、その選び方についても知っておくと良いでしょう。

 

市販の薬を選ぶ際のポイント

効き目が穏やかな第3類医薬品がおすすめ

鎮痛効果が高い薬は、その反面、副作用の不安があったりします。

 

とくに内服薬は湿布薬などの外用薬に比べて副作用のリスクが心配になりますね。

 

関節痛の薬の場合、注意事項にある副作用としては、皮膚の発疹やかゆみ、胃の痛みや食欲不振、下痢などの症状が記載されてることがあります。

 

できるだけ安心して続けられる市販薬を選ぶなら、第3類医薬品の使用がおすすめです。

 

第3類医薬品は厳格な基準によって、安全性が認められているため安心感があります。

 

関節痛に有効性が認められている医薬品を選ぶ

膝関節痛の薬を選ぶには、効果・効能がしっかりと認められている医薬品を選ぶようにしましょう。

 

膝の関節痛には新陳代謝を促して痛みを緩和したり、血行を促進して痛みを緩和するタイプの薬がおすすめです。

 

また、軟骨成分のコンドロイチンを補給することで滑らかな動きをサポートしてくれるものもあり、これもおすすめです。

 

コンドロイチンはもともと軟骨に含まれる成分ですが、年齢を重ねるごとに生成量が減少し、結果的にクッション性が失われて関節痛の原因になります。

 

そこでコンドロイチンが配合されている医薬品のなら、細胞に水分や栄養を与えることで軟骨に弾力性や保水性を高める作用があり、効能・効果も認められています。

 

他にもビタミンB1には筋肉の疲労を緩和する効果、ビタミンB12には末梢神経の修復を助ける効果、ビタミンEには血行を良くする効果などの有効性が認められており、これらは関節痛にも有効とされています。

 

このように関節痛に効果・効能が認められた成分を含有している市販薬なら、きちんとした膝の痛みにも効果が実感できるでしょう。

 

信頼できる公式サイトで買う

膝の関節痛に対応した薬をどこで購入したら良いか、迷う場合があります。

 

ドラッグストアや通販サイトなど購入できるところはいろいろあります。

 

様々な商品をしっかり見比べて購入したいという人や、とにかく安く購入したいという人など、ざまざまだと思います。

 

気を付けたいのは医薬品を扱うネットショップなどで、格安に販売されている薬には、場合によっては効果・効能が認められていない薬の可能性があるので注意しなければなりません。

 

海外のネット通販で購入した薬やサプリメントで、健康被害が出たなんてこともニュースになったりしてますので、信頼できないサイトで購入するのはやめましょう。

 

信頼できる安全なお薬を購入するには、やはり商品の公式サイトが一番安心です。

 

公式サイトならキャンペーンや限定価格など、お得に購入できることがあるので、しっかりチェックしてみてください。

 

▲膝関節痛の薬おすすめランキングへ

膝関節痛を起こすおもな疾患

 

膝の関節痛を起こす原因にはさまざまな疾患があります。

 

膝関節は軟部組織に覆われることが少ないため、日常生活やスポーツで損傷を受けやすい部位です。

 

さらに膝の関節は体重を支える部位なので負担がかかりやすく、捻って傷めることも多かったりします。

 

加齢に伴い膝関節の軟骨は劣化しやすいため、変形性関節症になりやすく、とくに中高年以降では関節痛を起こしやすくなります。

 

痛みがそれほどでなくても、膝の関節痛がなかなか緩和しなかったり、だんだん強くなるようならば早めに病院でお医者さんに診てもらいましょう。

 

 

ここでは膝の関節痛を起こすおもな疾患をまとめました。

 

靭帯損傷(捻挫)

膝の関節痛では日常よくある損傷で、打撲で靭帯を損傷したり、捻って靭帯が引き伸ばされて発症する。とくに靭帯が引き伸ばされて発症したものを捻挫と呼び、軽いものから靭帯を断裂、さらには脱臼を合併するものまでその程度は様々ある。
損傷した靭帯の部位により、さらに細かく分類される。

 

内側側副靭帯損傷 … 膝の内側にある靭帯の損傷で、膝の靭帯の中では最も頻度が高い。膝の内側に痛みを生じる。

 

外側側副靭帯損傷 … 膝の外側にある靭帯の損傷で、膝の靭帯の中では比較的稀。膝の外側に痛みを生じる。

 

前十字靭帯損傷 … 膝関節内の前側にある靭帯の損傷。半月板損傷を合併することもあり、関節が著しく腫れて膝崩れなどを起こす。

 

後十字靭帯損傷 … 膝関節内の後方にある靭帯の損傷。膝の裏側が著しく腫れて激痛を生じる。

 

半月板損傷

膝のスポーツ外傷として頻度が高い。内側と外側に半月板があり、運動中に膝を捻った際などに損傷しやすい。損傷すると内側または外側の関節部分に痛みを生じる。重症な場合は関節内に出血し腫れる場合もある。膝の屈伸や階段の昇降で膝に痛みを生じたり、引っ掛かり感がでる。

 

変形性膝関節症

高齢者の関節痛で最も多い疾患の一つで、関節軟骨が変性することで起こる。膝関節がこわばる感じや伸びづらくなる感じがあらわれ、膝の内側や前側に関節痛を生じることが多い。

 

膝蓋大腿関節症

膝のお皿(膝蓋骨)と大腿骨との関節に生じる関節症で、明らかな原因が考えられないものと、骨折や脱臼の後に発症するものがある。坂道や階段の昇降時に膝のお皿の周囲に痛みを生じ、膝の屈伸が困難になる。男性に比べ女性の方が発症することが多く、女性では60歳前後から明らかな原因がなく症状が現れる場合が多い。

 

膝の関節痛を起こす疾患は、ここで挙げた他にもまだあります。

 

痛みが強かったり、なかなか緩和しない場合には、放っておかず早めに病院で先生に診てもらいましょう。

 

また膝の関節痛は早めに対処することで長引いたり慢性化することを防げます。

 

市販の医薬品でも十分対応できる症状もあるので、常備薬として一家に1つくらい置いておくと安心ですね。

 

▲膝関節痛の薬おすすめランキングへ